自損事故

このようなお悩みはありませんか? | 川越市交通事故治療.com

このような症状でお悩みではありませんか?
  • ガードレールにぶつかった際にむちうちになった
  • ブレーキの操作ミスで壁にぶつかってから体の調子が悪い
  • しっかり治療したいが、お金がない
  • 操作ミスによる事故で保険が使えるのかが、わからない
  • 病院は、薬は処方してくれるが、治療してもらえない

自損事故ってなに? | 川越市交通事故治療.com

自損事故は、「ガードレールにぶつかってむちうちになってしまった…」「溝に落ちた時に肩を骨折してしまった」と言ったように、車を運転している人が、単独で起こしてしまう事故のことを言います。

そのため、事故に被害者の相手はおらず、ご自身だけがケガをしてしまうため、他の人がいないことに安堵しがちです。ですが、人通りのすくないところで事故を起こしてしまった場合、大変危険となるのです。車の性能が向上していることで年々減っていますが、人が車の運転手である以上、咄嗟のミスに関しては否定できません。

自損事故のケガを放っておくと起こることとは? | 川越市交通事故治療.com

事故の大小の程度に関わらず、走行中に何かにぶつかった場合は、少なからず身体は衝撃を受けるでしょう。事故後は興奮で痛みを感じず、その後2~3日痛みを感じない場合、特に受診の必要性を感じないかもしれません。でも、実はそれは間違っていて、異常が身体にないのではなく、アドレナリンの放出により興奮で身体の痛みを感じなくなっているだけなのです。数日~数週間経過してから、段々と痛みを感じる方もいらっしゃいます。

また、痛みだけではなく、めまいや頭痛、耳鳴り、吐き気などの自律神経の症状として事故後に症状が出現することもあるのです。適切な治療を事故直後に行わずに放っておくと、症状が慢性化したり、事故の衝撃によって起こった歪みが神経を圧迫したりすることで、椎間板ヘルニアやそれに随伴する坐骨神経痛にまで発展することもあります。そうなると、事故以前のような日常生活を送ることが難しくなってしまうでしょう。

保険の利用に関しても気軽にご相談下さい | 川越市交通事故治療.com

整骨院での治療も、保険適応となるということを知らない方は意外と多くいらっしゃいます。事故の被害に遭われた方であれば、被害者の自賠責保険を利用した治療が可能です。ただし、残念ながら自損事故は適応となりません。けれども、任意保険の加入プランによっては、特約である『自損事故保険』や『人身傷害補償保険』、『搭乗者傷害保険』を利用して治療を行うことができます。

また、健康保険はどなたであっても利用することができるため、費用負担を少なく治療を受けることが可能です。当院には、交通事故に精通したスタッフが在籍しているため、保険に関する疑問や不安もお気軽にお話し下さい。

お問い合わせ

【予約優先制】お電話でのお問い合わせはこちらから! 交通アクセス方法はこちら!
受付時間
住所
〒350-1165
埼玉県川越市南台3-13-1 秀和川越南大塚レジデンス106号
アクセス
南大塚駅より徒歩10秒。
南口出てすぐ。
駐車場
院の裏手に駐車場を5台完備